スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しすぎる

また!
こんな苦しい思いをする事に

なぜ?
助けてやれなかった

君の短い一生の記憶のなかに
幸せな記憶はある?

最後に君の眼に映ったのは
なんだった?

君にとって「ニンゲン」って
無責任で薄情な生き物だったに違いない

どうすれば
こんな悲しい事を
なくす事ができる?












別れ

また大好きだったわんこの悲しい知らせ
モニカとアレックスのきょうだいがいるお家のお兄ちゃん犬

我が家で生まれた8頭のパピーのなかで
一番やんちゃな男の子を迎えてくれたそのお家にいた
同じ犬種の先住犬
きれいな毛色のすくっと立った姿のカッコいいコでした
男の子どうしだけどとっても仲良くって
本当にいいファミリーに仲間入りさせてもらったねって話してた

去年久しぶりに逢えたときには元気そうだったから
なんだか信じられない
まだまだ、また逢えると思ってた
でも、間違いなくとっても幸せだったよね


今年はあまりにも悲しい別れが多すぎました
はじめから十数年しか生きられない命とわかってる
それでもぎゅっと凝縮された日々の思い出
みんなと出会えた事に感謝








FOX

我が家の運命を変えた犬
FOXの命日
もう三年もたっちゃったのか・・・

ちょうどお休みなので
MONICAとALEXを連れて
よく散歩に行った場所へ

CIMG6422.jpg

あの頃と全く変わらない景色に癒されます
暑い日も寒い日も
いつも全力だったのはFOX?
人間も全力だったな(笑)

CIMG6424.jpg
今日の晩ご飯はブリだよ!

オッと、このブリについてはまた後ほど






イテテテテ

月曜日
我が家のおばあちゃん犬
コーギーのダナさん13歳10ヶ月
人生いや犬生初の大手術

子宮蓄膿症です
年齢を考えると手術は大きな決断ですが
内科的治療のみではよくなってはまた・・・を繰り返しているうちに
体力も奪われていくはず

幸い我が家で一番の体力自慢
まだ今なら耐えられる!と
手術をお願いしました
CIMG6374.jpg

術後の様子もよく
食欲も戻り
わんわんとモンクも言えるようになり一安心
これでまた元気な老後を過ごせそうです

FOXのお嫁さんにと迎えた女のコでしたが
仲の良いただの同居犬となり(笑)
ずっと元気だったため避妊手術せずこの歳まできてしまいました
あと一年発病が遅かったら
手術を決断出来たとは思えない・・・

ティナは出産を終えてちょうど一年目で
やはり子宮蓄膿症で手術しました

昔、実家で飼っていたヨーキーは避妊手術していませんでした
出産もさせませんでした
子宮の病気にはなりませんでしたが
乳がんで何度も何度も手術をうけました

モニカは最初のヒートが来る前に
避妊手術をしています
オンナノコ系の病気とは無縁で10歳です

まだヒートの来ていない若い元気な犬や猫に
避妊手術を受けさせるときには
やっぱりかわいそうかなぁと思ってしまうのですが
ある程度歳をとってから身体に大きな負担を負う事を考えると
負担の少ない若いうちに避妊手術しておく方がいいよ
うん。絶対。




16年まえ

我が家のペット話ばかりになりますが・・・
10月6日は
もう16年も前、うちで半年ほどしかいなかったわんこの命日です

先代のコーギー一頭と暮らしていた我が家
春頃ある日自宅の周辺でうろうろしていた
ガリガリに痩せこけたアイリッシュセッターのおじいちゃんを保護
ほうぼう手を尽くして飼い主探しをしましたが見つからず
うちのコに

ジョンと名付けたおじいちゃん犬は
コーギーのFOXともとっても仲がよく
車にも乗り馴れていたようで
夏には 川遊び、キャンプ、と
よく遊びに行きました

涼しくなりはじめた頃
それまで以上に痩せはじめ
みるみるお腹がおおきくなり
病院で診てもらうとフィラリアの末期でした

おそらく
春のころにはもう
病気に気づいた飼い主が捨てたのでしょう

穏やかでかわいいおじいちゃん犬でした
キャンプ中に豪雨に遭い
雷が激しくなって来たのであずまやに2匹をつないで
テントを撤収している間
2匹はどちらも大騒ぎするでもなく寄り添って
じっと私たちを待っていました
今でもふたりでよくその時の事を話します

月がきれいですすきの穂がキラキラと輝く夜には
ジョンの事をおもいだします











プロフィール

もにまま

Author:もにまま
犬が好き!猫も好き!
DIYもガーデニングも大好き!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。