もう一ヶ月

CIMG7983.jpg
もう一ヶ月たったんだね
寒いのが嫌いだったダナ
暖かくなってきたよ

CIMG7980.jpg
裏山の山桜咲いたよ
見てるかなぁ
スポンサーサイト

大型犬の介護用品

アレックスが前庭疾患を患ってほぼ一ヶ月
首の曲がりは治りませんが
だいぶ動けるようになりました
自分でもできるだけ倒れにくい動きをするコツをつかんだ
というほうが正しいのかもしれませんが

散歩の途中でフラフラと倒れ込んでしまい
その後眼振 嘔吐が続き
いつもの病院で
夜間にもかかわらず診療していただきました

一番大変だったのが
めまいがひどい時にバランスが取れず倒れると
ゴロンゴロンと横転してしまうことでした

よく前庭炎というと一方方向にぐるぐる歩くとあるのですが
アレックスの場合それはなく
大の大人が足払いを受けてゴロゴロと転がされているような
その症状が大変_(:□ 」∠)_
病院へ行く車に乗せるのも一苦労
走行中はクッションで四方を囲み
ずっと一人が支えていないと危なくて

困ったのがおしっこ&うんち(T_T)
ハーネスも使えないので
お連れ合いさんが仕事に行ってるあいだ
私では外に出してやれず一生懸命がまんしてました

急いで探したのがコレでした
CIMG7939.jpg
わかりにくいですが
カートとその中に敷いてあるマットです
このマットが優れものでした
アイアンバロンさんの「3WAY抱っこハニカムマット」
しっかりとしたショルダーがついていて
全体がハニカムマットなのでしっかりホールドできます
これなら私でも一人で安全にアレックスを運ぶことができました

最近ではわんこ用の介護用品もたくさん揃ってきましたが
形ばかりで???なものも多い感じです(´・_・`)
特に大型犬のものとなると本当に難しいです
 
ラブやゴールデンを飼っている人の間では有名な会社ですが
大型犬用品では老舗中の老舗
さすが!\(^o^)/
アイアンバロン

CIMG7935.jpg
ゆっくり生きようね












ダナちゃん

気がつけばほぼ一年放置(´・_・`)
言い訳にしかならないのですが
本当に本当にこれでもか!な出来事が押し寄せて
節目の歳の自分を試されているとしか思えない。゚(゚´Д`゚)゚。
もう終わるのかもう止めてくれるのか
そう願いながら暮らしているところなのに
まだ神様は止めてはくれないようです

3月5日
我が家の大御所
コーギーのダナちゃんが16歳2ヶ月で
虹の橋に向かって旅立って行きました
CIMG7918.jpg
5年くらい前にDMを発症して
3年前からは徐々に進む麻痺のため寝たきりの状態でした
それでも口は達者(笑)で
昼も夜も数時間おきに
「お腹が空いたわ!」
「お水!」
「おしっこ!」
「向きを変えておくれ!」
「モニカ!コッチに来ないで!」 
私は「元気な寝たきりバアさん」と呼んでいました
CIMG7905.jpg

この一年は身体も気持ちも余裕のない日も多く
そんな時眠らせてくれないこの小さな悪魔に
早く楽にさせて!と思って雑な介護になったことも(。´・(ェ)・)

CIMG7898.jpg
それでも去年の12月20日
16歳の誕生日も
皆と同じごはんでお肉もモリモリ食べてくれました

ただ今年に入って
1月にモニカが胃捻転で九死に一生を得たものの
もともと持っていた神経症状が悪化し脚がうまく運べない時があり
2月にアレックスが前庭炎を起こして今も目が離せない日々

ここ数週間
2〜3日食べ物を受け付けない日があっては
復活し、を繰り返していました

隣の市まで病院に行くときは
寝ているダナはお留守番
「帰るまで頑張ってな!」と声をかけて出かけてました

この数年、朝起きてダナちゃんには
「おはよう!起きとる?生きてる?」
と声をかけるのが日課でしたが
この日は返事がありませんでした(T_T)
明け方確認した時は静かに息をしていたので
まだパットも暖かく
私たちを起こさないようにそっと旅立ったのだと思うと
ごめんね
CIMG1622.jpg
16年前
雪深い信州の山の中
氷点下の町から連れて帰ったのに
すっごい寒がりで犬見知り
我が家にはないキャラ「可愛い癒し系」って
みんなに可愛がってもらいました
きっと大往生ではあるけれど
あまりにも当たり前の存在だっただけに
ジワジワ大きな悲しみが襲ってきます(つω-`。)

CIMG7024.jpg

 










ショーン君

CIMG4238.jpg
昨日モニカとアレックスのきょうだいのショーンが
虹の橋へ旅立って行きました
11歳と4ヶ月でした

CIMG4049.jpg
ティナが生んだ8頭の仔犬のなかで
一番の甘えん坊で泣き虫
ほとんどの子が乳離れしたのに
いつまでもティナのお乳にぶら下がってた
大きくなってからも
時々我が家で預かった時
ティナに付きまとってよく怒られてた

CIMG3053.jpg
モニカとはとっても仲良し
アレックスとは私をめぐってライバルだったので
男の子同士のけんかになって負けちゃったり

CIMG4243.jpg
ウチのやんちゃ坊主たちと違い
優しいいい子でした
3年ほど前から
てんかんの発作が起きるようになり
ずっと薬を飲んでいましたが季節の変わり目や
気圧の大きな変化があるときには
少しおおきな発作にみまわれました
きのうも前夜から発作が起き続け
病院に行く途中
車の中で息をひきとりました

CIMG4462.jpg
もっと早く気づいてやっていれば
きちんと車を整備して駆けつけることができていれば
担架を用意してやっていれば
もっともっと・‥
どの子を見送ったときも私はベストな行動をとれていない
それどころか自分の判断間違いで苦しませてしまった
何度も経験しながら全く成長できていない自分を
全く疑うこともせず
全てを預けて恨むこともなく
信頼し続ける犬たちがいじらしくて愛おしくて申し訳なくて
いつもごめんねごめんねと言いながら泣くだけ
ごめんね、ありがとうねって言えるまでもう少し泣かせてね

CIMG6708.jpg
去年の春
たまたま預かっていたショーンと二人だけで
枝垂れ桜を見に行った時の写真です

私一人 車で
そんなところへ行くことはまずないのですが
なぜかこの日は行ってみようと…
きっと満開の枝垂れ桜を見せに
ショーンが連れて行ってくれたのですね
あの日、また来年も来ようねって言ったのに

CIMG6705.jpg

一足先に虹の橋に向かったロビートや
ティナっちょ母さん
レオン父さん
みんないるから大丈夫
思いっきり甘えておいで












ハッピーバースデイ

今日4月1日は
モニカ&アレックスのお母さん
ティナの15歳のお誕生日です
元気にこの日を迎えられると思ってた
去年は近所のお散歩コースの桜も見られたのにね


CIMG6708.jpg
今日はモニカ&アレックスのきょうだい
ショーンと一緒に
近くの桜の新名所へ
「花見山*心の手紙館」
しだれ桜が350本植えられているそうです
あいにく朝までの雨でもやがかかり
鳴門海峡&橋は見えづらかったけれど
しだれ桜はほぼ満開
心癒される朝の散歩になりました

ショーンはアレックスと違って
のーんびりのほほんとして
かわいい〜(笑)
CIMG6705.jpg




プロフィール

もにまま

Author:もにまま
犬が好き!猫も好き!
DIYもガーデニングも大好き!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク